ヤマガラ

野鳥のヤマガラの好きな食べものは、なに?

ヤマちゃん(お父さんヤマガラ)とお母さんは、春から夏にかけて昆虫などの動物質を好んで食べています。
チビちゃんがヒナの時には、ヤマちゃんお父さんとお母さんがせっせと虫などの幼虫を運んでくれました。

秋になり虫達がいなくなると、今度は木の実や種を探すようになりました。
そして冬に備えるための食糧も確保しはじめるのです。

 

ヤマガラは、エゴノキの種子が大好物!

 

エゴノキは清楚な白い花を咲かせる落葉小高木で、日当たりの良い雑木林で見かけます。
ヤマちゃんは秋に熟したこのエゴノキの実の種子が大好きなんです。
鈴なりに実をつけたエゴノキにせっせと通いお腹を満たします。

また、食べ物が少ない冬を生き抜くために、木の幹の間や地面にこの実を隠して貯蓄貯食行動)もしています。

ヤマちゃんって、けっこう賢いんですねぇ〜

 

じつは・・
このエゴノキの実には毒が有り、他の鳥たちは見向きもしません!

でも、ヤマちゃんは・・
クチバシでこの有害な果皮を巧みにはぎとって、種子だけを取り出します。

そして・・
ここからがヤマちゃんの凄いところなんです・・
エゴノキの種子はもの凄く硬くて少々の力では割れません。
普通の野鳥たちはまったく歯が立たないのです。

いや、クチバシが立たないのです^^;

しかしヤマちゃんはこの硬い種子をクチバシでたたき割り、中にある白い胚乳を
Get します!
脂肪分たっぷりの胚乳は、冬場の大切な栄養源なんですね。

 

たくましきヤマガラ!

 

お庭にエゴノキを植えましょう♪

 

ヤマガラは野鳥の中では、よく人になつく小鳥です。
手の上のエサを取りに来たり、帽子の上や膝の上で遊んだりもしてなついてきます。

愛嬌たっぷりのヤマガラと友だちになりたいなぁ〜と思っているあなた!

ヤマガラを庭に呼ぶ一つの方法として、エゴノキを植えてみてはいかがでしょか。
秋になると、たわわに実るエゴノキの実を目当てにヤマガラが訪れてくるかも知れません♪
スズランのような白い花が咲き、野趣に富む樹形をしていることから、シンボルツリーなどの庭木としても人気が高まっているようです。

 

うちの庭にエゴノキはありませんが、住んでいる家は森の中にあるので、その辺には野鳥の好きな自然の樹木がいろいろあります。

うちに来るヤマちゃんたちは、森の自然界の食べ物を食べたり、うちに来てはエサを貰って食べたりしています。

 

この庭ではヤマちゃんたちの食べ物として、ひまわりの種とピーナッツが用意してあります。
餌台とかには置かずに手に乗せてあげます。
バイキング形式も食べ放題サービスもやっていません^^

ヤマちゃん親子は1日に4〜5回、向こうのお山からご飯を食べに飛んで来ます。

 

ヤマガラはひまわりの種とピーナッツとでは、どっちが好き?

 

さて、どっちが好きだと思いますか?
ひまわりの種とピーナッツ、どっちが好きかと言うと、

断然、ピーナッツのほうが好きなんです!

 

 

ひまわりの種とピーナッツを手に乗せてあげてみると、9割はピーナッツの方を持っていきます。

やはり、ピーナッツは甘くて濃厚で美味しいのでしょうか。

残り1割のひまわりの種を持っていく場合は、何かの拍子に慌てしまった場合か、
ニューフェースでやって来た子の場合です。
まだ馴れないニューフェースの子は大きな人間の手に乗るのは怖いので、ヒマワリ
の種でもピーナッツでもどっちでもいいやー!と大急ぎで持って行きます。

うちではいつもヤマガラにあげている餌はほとんどがヒマワリの種の方です。

両足でつかんで、もの凄い頭突きをくりかえしヒマワリの種の殻を割ります。
頭がどうにかなってしまわないかと、心配するぐらい激しく頭突きます・・
実はその「コン!コン!コン!」と突っつく動きが、ヤマガラにとって大事な運動なんだそうです。

 

その事を知ってからは、ヒマワリの種をあげるようにしました。

それと、スーパーなどで普通に売られている中国産のピーナッツは、農薬や化学肥料が気になります。中国産を与えることは決してありません。

自然界に住む野鳥の負担になってはいけないので、ピーナッツをあげる時は絶対に
千葉県産など国産の安全なものをあげたいです^^

 

ひまわりの種は栄養価が高く、健康に優れた効果と効能があり、海外では人も当たり前のように食しています。

ヤマちゃんたちは庭に3〜5回ほど遊びに来ていますが、1回につきヒマワリの種は3、4粒を食べていきます。
1羽のヤマガラが1日に食べるヒマワリの種の数は、13粒前後ですね。

庭でお腹がいっぱいになると、帰る時は必ずヒマワリの種を1粒加えて「お持ち帰り」にします。

まとめ

 

ヤマガラの好きな食べものは自然界では、「昆虫」や「エゴノキ」

ヒナを育てる時に与える食べ物は、「昆虫などの幼虫や柔らかめの成虫」

うちの庭に来たときにあげる食べものは、「ヒマワリの種」という事ですね.

 

ヤマちゃん親子はお腹がいっぱいの時でも遊びにくるよ。
そして、窓の外から家の中を覗いては庭に出てくるように催促するんです^^

可愛いなぁ〜♪

秋のある日、採れたての栗をあげてみました。
さて、栗はヤマガラの好物なのでしょうか?

 

最近の記事

  1. 後ろ姿を見せているのはヤマガラの子供〜親鳥は決して背を向け…
  2. 庭のラベンダー:育てる楽しみと摘み取る楽しみ
  3. お洒落なグランドカバープランツおすすめはコレ!育てるたった一…
  4. 甘い香りのスパニッシュビューティー、一季咲きのいさぎよさ!
  5. ガーデニングでおすすめの花、オルラヤ!おしゃれで簡単!推奨す…
  1. 草花

    ガーデニングでおすすめの花、オルラヤ!おしゃれで簡単!推奨する12の理由
  2. ヤマちゃんの子供

    後ろ姿を見せているのはヤマガラの子供〜親鳥は決して背を向けたりはしない!
  3. シジュウカラ

    シジュウカラの寿命が短い4つの理由
  4. 野鳥

    野鳥と友達になろう〜ヤマガラが手に乗るようになったきっかけ
  5. 野鳥

    地面に落ちた巣立ち雛!鳴かない雛を親鳥は草むらから見つけ出せるか!とりのる
PAGE TOP